pet検査について詳しくご紹介します


pet検査について詳しくご紹介します

pet検査について詳しくご紹介しましょう。
petとは、「陽電子放射断層撮影装置」のことで、Positron Emission Tomographyの略です。
pet検査では、微量の放射性物質を含んだ薬剤を被験者の静脈に注射します。
薬剤の全身の分布の具合により、病気の診断を行います。
主に、がん検査で使用されることが多いのですが、他にもてんかん、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの脳の病気の診断にも用いられます。
この検査では、注射以外の痛みもないことから被験者の身体への負担が軽く、また、1度で全身の検査をすることができます。
また、従来では発見されることのなかった小さながんも発見することができるので、今後の活用が期待される検査です。
ただし、pet検査は万能ではなく、胃や食道がん、白血病など一部のがんは発見されにくいという弱点もありますが、CTやMRI、超音波、内視鏡などの他の検査とあわせて受けることで精度を上げることができます。”
“pet検査について詳しくご紹介しましょう。
petとは、「陽電子放射断層撮影装置」のことで、Positron Emission Tomographyの略です。
pet検査では、微量の放射性物質を含んだ薬剤を被験者の静脈に注射します。
薬剤の全身の分布の具合により、病気の診断を行います。
主に、がん検査で使用されることが多いのですが、他にもてんかん、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの脳の病気の診断にも用いられます。
この検査では、注射以外の痛みもないことから被験者の身体への負担が軽く、また、1度で全身の検査をすることができます。
また、従来では発見されることのなかった小さながんも発見することができるので、今後の活用が期待される検査です。
ただし、pet検査は万能ではなく、胃や食道がん、白血病など一部のがんは発見されにくいという弱点もありますが、CTやMRI、超音波、内視鏡などの他の検査とあわせて受けることで精度を上げることができます。

最新!pet検査でわかることAtoZ

pet検査でわかることは、他の方法ではわかりにくいような初期段階のがん細胞です。
検査薬を点滴で人体に投与する事によって、がん細胞だけに目印をつけられます。
他の方法では体に異変を感じるようになってから発見される事が多いですが、小さな段階で見つけ出す事によって、完全治癒も可能になりますので、大きな医療機関ではよく行なわれています。

pet検査は「がん細胞が正常細胞の3~8倍のブドウ糖を取り込む」という性質を利用して行ないます。
ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射した後に全身をPETで撮影すると、ブドウ糖が多く集まるところがわかります。
これががんを発見する手がかりとなりますので、かなり早期のものまで見つける事が出来ます。
これまで病院で検査を受けて「異常なし」と言われたけれど、不具合を感じる場合にはpet検査を受けてみると、これまでと違った結果が出て治療の方法も特定できるようになる可能性はあります。